読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川田翔平のブログ

両方僕です。

なぜブログを始めたのか

 

今回、川田さんがブログを始めた理由を教えてください。

 

「それがですね、僕にもよくわからないんですよ」

 

わからないんですか。

 

「ブログを始めた理由は何かあると思うのですが…」

 

それは不思議ですね。
では、僕の方からどんどん質問していくという進め方でよろしいですか?

 

「どうぞ」

 

ではまずこのブログのスタイルについての質問です。
このブログでは『インタビューする人』として私、川田と、『インタビューを受ける人』としての川田さん、一人二役で進行していますね。
これにはどんな理由があるのでしょうか。

 

「良い質問ですね。これには大きく2つ理由があります。
一つ目は、このスタイルだと文字通り自問自答しやすいという理由。
二つ目はギャグです」

 

では、一つ目の理由から解説をお願いします。

 

「最近、個人的な実験としてとある記事を書いてみたのです。
それは『5年後の自分と対談してみよう』という企画で、現在の僕が5年後の僕にインタビューするという内容でした。
ちょうどこのブログのようなやり方でやってみたのです。
内容を書きながら、僕は自分が把握していなかった自分の側面を発見しました」

 

例えばどんなことでしょう?

 

「例えば、僕は映像編集が好きなのですが、映像編集の特にどんな要素に惹かれているのかがわかったのです」

 

それはどんな要素だったんですか?

 

「僕は、映像と音楽を混ぜるという要素に興味を持っていたのです。
それは今まで気づかなかったことでした」

 

なるほど。

このスタイルで書き進めることが、セルフコーチングの助けになったということですね。

 

「そうです」

 

二つ目のギャグとはどういう意味ですか?

 

「これは『なんか一人で自問自答してるブログあったら面白くね?』という安直な発想です」

 

なるほど。

それは読者の皆さんに聞いてみないことにはわかりませんね。

 

「コメントいただけたら嬉しいですね」

 

今後、このブログはどういった内容にしようとお考えですか?

 

「いやーそれが何も考えてないんですよね」

 

では次回の更新も、また気が向いた時に書くという感じでしょうか?

 

「はい、そうですね。どうぞよろしくお願いします」

 

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

 

つづく